EQUIPMENT & STRUCTUER

  • EQUIPMENT 設備
  • STRUCTUER  構造

EQUIPMENT

地震、台風、雨など、日本の気候風土を見据え、耐久性を高めた信頼の住まい。

耐震性

耐力壁パネル「novopan STPⅡ」

構造用耐力面材には、国土交通大臣認定を取得した、9㎜厚パーティクルボード「novopan STPⅡ」を採用。阪神淡路大震災後に改正された新基準評価方法で行われた試験で、木造軸組工法(大壁)で、約2.9倍の壁倍率(壁の強さ)を取得。筋かい耐力壁に比べ、地震や台風による水平方向の力を分散して、高い耐震性を実現します。

面材耐力壁と筋かい耐力壁の違い

一般的な木造耐力壁の壁倍率比較

制震システム「GVA」

制震システム「GVA」

制震システム「GVA」

--
特許取得済「ダイヤモンドフレーム」。

地震時、建物はまず地盤とともに土台が揺れ、次に梁が揺れます。揺れを抑えるためにはこの土台と梁の揺れを吸収する必要があります。「GVA」は、この土台・梁の間に大きなダイヤモンドフレームを組んで、上下部の制震材搭載部で効率よく吸収する構造となっています。

建物の変形を最大70%軽減。

耐震構造のみの建物とGVA使用の建物に、同様に阪神淡路大震災級の震度7の地震波を与えたところ、前者は最大250㎜も揺れを記録し倒壊しました。一方GVAの方は、最大72.5㎜の揺れ幅。約70%もの揺れの軽減を実現し、損傷はほとんど認められませんでした。

地震エネルギーを熱で吸収。

GVAダイヤモンドフレームの土台・梁の接合部分が制震ダンパーです。ここに建物の揺れが伝わると、複層構造の制震材が伸縮し、その摩擦で揺れにブレーキが掛かる仕組み。この揺れのエネルギーを熱エネルギーに変換して吸収する最先端技術を採用しました。また左右15㎜の可動域を持つスライドロック機構も採用。繰り返す揺れに何度でも対応できます。

耐久力

木造軸組工法・ベタ基礎

柱・梁・土台などの構造材によって骨組みをつくる木造軸組工法。〝しなり〟という特性を持つ厳しく品質管理された木を素材とし、その総合力で地震や台風など大きな加圧に対する耐久性を高める日本の伝統工法です。これに加え、信頼性の高い構造用耐力面材も採用。さらに基礎には、家の荷重を底面全体で受け止め、建物の安定性を高める“ベタ基礎”とするなど、あらゆる角度から建物の耐久力を高めています。

建築中の木造軸組工法(当社施工例)

建築中のベタ基礎(当社施工例)